ボ-犬ジュリ-の独りごと&暴れんボ-将軍のレナ

julie01.exblog.jp ブログトップ

一歩前進?か   2010/07/30

b0101991_1034061.jpg

いつも勉強させて
    いただいている
   きゅんさんのブログ
    転載です


   やっと・・・・やっとです
         スピードに問題あるかもだけど
           一応は前進しているとみましょう
        とりあげられるのが,先ずは大事ってことで。。。
           熊本県の殺処分ゼロも応援してます
             最近TVでも時々とはいえ
           特集してくれるのも 心強いよね


きゅんさんブログよりhttp://blogs.yahoo.co.jp/pola0708/
     近く環境省の諮問機関、中央環境審議会動物愛護部会の下に、小委員会がつくられます。
     何をするところかといえば、動物愛護管理基本指針の点検などを行なうところです。
     そこで、この小委員会をウォッチングしよう というのが、次のイベントです。
       7月26日に、環境省に問い合わせたところ、以下の回答が寄せられました。
        ・小委員会は9月に発足する予定
        ・メンバーは未定(愛護部長による任命)
        ・小委員会の傍聴は可能である
       動物愛護法は5年ごとにチェックが入り、見直すことになっています。
    動物愛護管理基本指針は、動物愛護法の具体的な運用のためにつくられたガイドラインです。
        最近の「AERA」(朝日新聞社)などの報道によれば
   環境省は今回の見直しにあたって「幼齢犬の販売規制について検討する」という意思表示をしています。
       ところで日本の現状はどうなってるの という方は、以下をお読みください。
     動物愛護法のもう1つのきわだった特徴は、幼齢動物の販売規制があいまいな点です。
省令(環境省告知第104号)では「離乳が済むまで」と「ある程度の社会化が済むまで」は販売してはならない、という趣旨が定められています。先に述べたように、少なくとも生後8週齢まで親きょうだいと過ごすことで、この条件をクリアできます。
      ところが、生後の週齢について、明示されていません
  この理由について、環境省は公式には明らかにしていませんが、「週齢までは決めかねる」という関係者の声を聞きます。しかし「少なくとも8週齢以前に親元から引き離すべきではない」というのは科学的な根拠があるのです。      
販売規制についてあいまいな表記にとどまっているのは   
    業界団体への「配慮」が働いているのではないか、という指摘があるのも止むを得ないと言えるでしょう
            どうする? 幼齢犬の販売規制     
     次回の見直しは2010年です。環境省とその諮問機関は、この問題について諸外国の例もよく研究し
          イヌの福祉を考えた勇断をすべき時期にきているのではないでしょうか。
         下記に、ドイツ、イギリスの法律で定められた内容と比較したチャートを示しておきます。
            ドイツ →子イヌを8週齢以下で母イヌから引き離してはいけない。
            イギリス →8週齢以前の幼犬を販売してはいけない。
            日本 →「離乳が済むまで」「ある程度の社会化が済むまで」は販売してはいけない。

 ~堀 明 著 『そうだったんだ!イヌの心理学』 P84~P85より引用~
    昨日、公開したデータ「8週齢以前に親兄弟と引き離された犬の問題行動について」で示したように、
    子イヌを親兄弟から引き離す時期としては、12週齢~16週齢くらいがbetterだと考えます。
    8週齢というのは最低ラインなのです。

   犬どうしのトラブルは飼い主のライフスタイル、ひいては社会全体に好ましくない影響を与えます。
   また、周囲の環境に過剰反応するなど「しつけ」のむずかしい犬は、飼い主にとっても犬にとっても
   負担になります。犬が家族の一員、社会の一員と見なされるようになった現在、幼齢犬の販売規制は
   もはや避けて通れません。
     ということで、小委員会ウォッチングツアーを企画しますので、ご関心のある方は、メールください。
         (仮称)犬生態研究会のホームページに事務局のアドレスが出ています。よろしくお願いします!
         堀へのメールはこちらのフォームから
         ※ご注意 (仮称)犬生態研究会は、産声を上げたばかりで、まだ準備会の段階です。
           名称も仮称となっています。
          (仮称)犬生態研究会  http://inuseitai.iinaa.net    
     【資料】
       PDF「8週齢以前に親兄弟と引き離された犬の問題行動について」
        http://www.es-project.net/panthera/2010-07-07.pdf
         *ご関心のある方は環境省のホームページもチェックしてみてください。
        ◆環境省自然保護局http://www.env.go.jp/nature/dobutsu
/aigo/index.html
[PR]
by julie01n | 2010-07-30 10:41 | レスキュー | Comments(0)
line

ボーダ-コリーのジュリ-&暴れん坊将軍レナとパパママの奮闘を笑ってください


by julie01n
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31